熊さんの日々録

なんとなく始めてみたり(´∇`)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

熊さんは生意気にも学校に通っております。
その学校の図書室の前に枯れ果てた笹が飾ってあって、短冊もいっぱいでイイ感じです。なんかの呪いみたい
その短冊の中で一際目を引くものがあったから紹介するね。
赤い短冊

「パパがはやくおしごとみつけて、ママとぼくにごはんたべさせてね。パンのみみは食べあきました。」
紫の短冊

「ママがボクをすきになってもうぶったり、けったりしないママになりますように」
青い短冊

「パパのうわき、やめさせてください。パパがうわきしたから、ママはぼくをたたくようになったんです。」
つたない字で・・・
こんなことが書いてありました。ちょっぴり心が痛くなりますね。
この子のおうちはきっと恵まれていないに違いない。
でも明らかにおかしいよね。これは学校内でやったものだから、これを書いたのはいいお年の方々なわけなのです。それなのにこんな字で、こんな内容です。
どうしたのでしょう、本当に家族の仲が険悪で情緒不安定なあまり字が幼稚化してしまったのでしょうか
でもきっとただのイタズラだろうな、と思う熊さんなのでした。

さて、メイポなのですが
今日は久しぶりに武器庫にいきました。友達のパシリ号さんの口車にまんまと乗せられてご好意で入れてもらえました。さて、その時の会話です。
ケダモノめ!!!

最近熊が人里によく現れますよね。まったく、あいつらのせいで誤解がうまれちゃうんだ。僕は紳士なのでみんな安心してね(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァでも実は熊が人里に現れるのは人間の方にも問題があるのです。
どんどん山の自然が減って、食料が採れなくなってきているので食料を求めて人里に出てしまうのです。
さらに、熊は本来人のことが怖いので人里にはなかなか近づきませんが、最近は自分の土地である山の手入れをしない人が増えているのです。
そのために人里近くでも、山の奥と大して変わらない環境・・・要するに人の気配があまり感じられないので熊が近づいてきてしまうのですね。
みんな、熊に襲われたくなかったら山を綺麗に掃除しよう!
そして僕を大切にしてくれ!!!!!
ペットとか言わないで
スポンサーサイト

それ書いたの僕だよパパ
もう浮気しないでね

2006.09.10 00:16 URL | 子連れおやじ #LkZag.iM [ 編集 ]

|*゚Д゚|┛ <ヤア
リンクアドレスは
http://maplechiaki.blog50.fc2.com/
これd(゚ー゚*)ネッ!

2006.09.10 02:38 URL | 千秋ちゃん #- [ 編集 ]

この短冊オモロイわ・・・w(

とりあえず、こっちも、リンク追加しておきましたw

2006.09.10 03:35 URL | 朝ハジメ #- [ 編集 ]

>おやじさん 
浮気は文化だ
>千秋さん
バッチリしておいたよ~
>朝さん
熊さん的には朝さんの方がオモロイです

2006.09.10 09:23 URL | 熊さん #- [ 編集 ]

こんなに大事にしてるじゃなぃ(*ノωノ) イヤン
熊さんこういうの見つけるの得意だねw
毎日見つけてね( *´艸`)フフ

2006.09.10 10:39 URL | ハル #qBfRuIbI [ 編集 ]

リンクアドレス
http://maplechiaki.blog50.fc2.com/blog-entry-143.html#more
これになってる(´;ェ;`)ウゥ・・・

リンクしたデ━━━d(。ゝω・´)━━━ス!!!!

2006.09.10 15:37 URL | 千秋ちゃん #- [ 編集 ]

>haruwingさん
見つけるのではありません。天から降りてくるのです。
>千秋さん
ごめん、直しておきました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

2006.09.10 19:06 URL | 熊さん #- [ 編集 ]

前にも話したかもしれないけど隣の高校の先輩に似たような人はいたよ(

浮気じゃなくて交通事故だけど(´ノω;`)ウゥ・・・

2006.09.10 23:19 URL | 蓮牙蝶 #- [ 編集 ]

ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

2006.09.11 14:00 URL | 千秋ちゃん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kaedenokuma.blog74.fc2.com/tb.php/2-6a385a71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。