熊さんの日々録

なんとなく始めてみたり(´∇`)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
新世界の神、土熊です。

みなさんこんばんわ。
この間はデスノート見ましたか?
いやー、ライト役の藤原なんとかさん、

演技下手くそ過ぎ

本人は気取って
「感情のないような人間を演じるようにしました。」
みたいな事言ってましたけど、熊さんには

ドラマ版ちびまるこの花輪くんにしか見えませんでした。

将来キラとなる可能性のあるカッコイイ花輪くんはコチラ

彼の話し方は、藤原なんとかさんのそれとかなり近しいものがありました。

さて、色々と話そうかな~とも思ったのですが、メイポの友チャでだらだらとくっちゃべってしまった内容なので書くのは控えようと思います。

最近身近であった出来事と言ったら・・・そうですね、

となりの高校の3年生が世界史Aを履修していなかった
ってことくらいですかね。

ちなみにその高校のHPの方を拝見させていただきましたが、そのことに関しては何一つ触れていませんでした。

高校なんて所詮そんなものなのかもしれませんね。

さて、こういった高校の履修漏れに関して、今朝ニュースを見ていたら久しぶりにあの人を目撃しました。

そう、森元総理





この人・・・

嫌いです。


政治家やってるくらいなんだからいいとこ出てるんでしょうが・・・

なんていうか頭悪そうだし、

言ってることはパープリンだし、

完全な悪人面だし、

見ているとイライラします。

「神の国発言」なんかはまだ記憶に残っている人もいるかもしれません。

まぁあながち外れてない気もしますがね。






前に「森総理失言集」みたいなサイトがあったような記憶がほのかにあって、探してみたのですが・・・

かろうじて見つけたのはこの二つ

失言①  失言②

1988年4月、なんとびっくり、

熊さんが生まれたころですが、

「大阪人は金儲けばかりに走り、公共心も選挙への関心もなくした。低俗な風俗産業も必ず大阪から生まれる。言葉は悪いがたんつぼだ」
という発言をしています。

たんつぼだそうですよ。>朝さん

こういう失言ってのは見てる分にはなかなか面白いです。

まぁこんなこと言う人に国は任せられませんけど。





そういえばこんなサイトも見つけました。

森総理が次にカマしそうな失言!


かなり好き勝手書いてて笑いました。

熊さんのツボをついたのは

男子が産まれないなら、けちけちするな、側女を増やせ>宮内庁

小子化問題は私みたいにやりまくればいいだけのはなしだ!。

貧乏人は麦を食え

お前らは臣民だ!!

圧倒的じゃないか、我が軍は!(自衛隊の演習にて)

俺は日本の王だぞ言う事を聞け

とかですかねぇ。

嗚呼、本当に言ってくれていたら

どんなに良かったことか。

やはり総理はどこから見てもそこらへんのおっさんにしか見えないような人がやるべきものではないのでしょうね。

やはり多少強引であっても小泉前首相のようにカリスマ性のある人でなければ国は任せられないかなー、と少し思いました。

安倍さんは・・・うーん。

カリスマ性、そう、カリスマ性が全てです。

「政治家も悪くないな・・・」と思うカリスマ性の塊のような熊さんでした。

さて、りえさんのところにあったバトン勝手ながら
頂戴いたす!!!

究極バトン
●好きな人と別れる or 嫌いな人と付き合う

嫌いな人と刀で突き合う

●愛する人に殺される or 愛する人の為に自分で死ぬ

殺されたくない・・・死にたくもないが

●蚊に生まれ変わる or ゴキブリに生まれ変わる

蚊になって生き血を吸います。

●人から愛されなくなる or 人を愛せなくなる

人から愛されなくなったら困ります。
人を愛せなくても熊さんはすでに
自分を愛しているので。

●夜中に1人絶対行かなくてはならないなら・・・墓地 or 樹海 or トンネル

墓地。

●すぐに死ぬ or 一生生き続ける

不老不死なら是非なりたい。歳を取ってしまうのならいやだけれど。

●織姫と彦星(年に一度結ばれる) or ロミオとジュリエット(あの世で永遠に結ばれる)

え・・・じゃあロミオと彦星

●可愛がられるなら・・・猫になる or 兎になる

熊猫で

●恋人の前でコスプレをするなら・・・セーラー or ナース



●恋人とラブホに行くなら・・・ノー下着 or 勝負下着

ノー下着も勝負下着も何も・・・
熊さんいつも全裸のような気がするんですが・・・

●最後にこのバトンは友達いないから渡さない or 友達いるから7人に渡す

友達というより、とりあえず熊さんの従者である3人

ハルさん

朝さん

蓮さん

よろしくね。

そして

エッヂさん

彩さん

・・・7人はキツイです。

さて、今日は最後に熊さんの愛したゲームを1本紹介しておしまいにしようかな。

ヴィーナス&ブレイブス ~魔女と女神と滅びの予言~

という、親愛なるナムコ様から出されているゲームです。

このゲーム、
ジャンルが「群像ドラマチックファンタジー」です。

全くもってその通りだと思います。

ストーリーの紹介・・・というよりめんどいのでコピペですけど

時はアクラル正暦999年。
ウェル=バリウスの予言によればこの年、世にも禍々しき魔物が現れるという。

かつて、"神殺しのブラッド"、"戦場の鬼神"、"惨劇のディアボロス"の異名を持った騎士ブラッド・ボアル。
不老の命を持つブラッドは、いくつもの時代を経て、大陸南部辺境の小さな鉱山街バルクウェイで暮らしていた。

戦いの日々は過ぎ、"ゴーレム山賊団"団員たちとのささやかな共同生活を楽しんでいた彼。


街は、間もなく始まる1000年祭の準備に明け暮れていた。
だが、そんな平和な街に、突然魔物があらわれる。
あわてて剣を取るゴーレム山賊団。

どうにか魔物を撃破し、街は1000年祭へと突入するが…。

ブラッドの前に降り立つ、白翼の精霊、女神アリア。

アリアは、"大災厄"の予言は、本当に起こるのだという。
そして、"それ"はもう始まったのだと。

女神アリアは預言書をブラッドに託す。

『ヴィーナス アンド ブレイブス』
…これは、世界の危機に立ち向かった女神と不死なる男、そして名もなき勇者達の戦いの記録となる。



実際の公式HPのストーリー解説はもっと長ったらしいものだったのですが、



あまりに面白さの伝わらないものだったので半分ほどカットしました。


しかし、このゲームの面白さというかなんというかが伝わるのはなんといってもやはりムービーでしょう!!!

このムービーがたまらないんです。

テーマ曲であるWaltz For Ariahもかなりいい味出してます。

もう・・・たまらんです。

では、どうか、そのムービーをご覧になってください。
ええ、ご覧になってください!

噂のムービーはコチラ

プレステ2 テイルズオブデスティニー2の中に収録されていたものと同じですが、かなりイイです。

このムービーを見て完全に惚れました。

どうでもいい話なんですが、熊さんはこのムービーを見ると未だに
鳥肌が立ちます。

自分がよいと思ったものは少しでも多くの人に体感して欲しいと思う、なんとも迷惑な熊さんなのでした。    完

寝ます、(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
スポンサーサイト

ヴィーナス&ブレイブスいまだに中古ゲーム屋に現れない・・・

2006.10.29 12:26 URL | 蓮牙蝶 #- [ 編集 ]

ぁたしが第2のキラぢゃぁあ(
バトンやってくれるとゎ!!
ぁりがと☆

2006.10.29 17:56 URL | りぇ #- [ 編集 ]

蓮牙蝶、笑い死にφ(`д´)カキカキ

りぇ、切腹φ(`д´)カキカキ

2006.10.29 23:26 URL | 熊さん #- [ 編集 ]

たんつぼとゎけしからん(・д・)!!
ヴィーナス&ブレイブスのムービーゎ私もすきw

2006.10.30 01:33 URL | ぁぃ #wxderbnc [ 編集 ]

へぇ~、大阪人の事をそんな風に(

そのデスノートに 森喜朗、糖尿病と心筋梗塞 とでも書いておいて。

2006.10.30 10:57 URL | ハジメ #- [ 編集 ]

従者てw
熊さん政治のことになると熱いねw
私の知ってる熊さんぢゃない・゚・。(ノД`)・゚・
まぁ、お勉強がんばw
バトンそのうちやっときますー

2006.10.30 12:50 URL | ハル #qBfRuIbI [ 編集 ]

ぁぃ、たんつぼ死φ(`д´)カキカキ

朝ハジメ、糖尿病と心筋梗塞φ(`д´)カキカキ

haruwing、胸による胸部圧迫内臓破裂φ(`д´)カキカキ

2006.10.30 18:19 URL | 熊さん #- [ 編集 ]

藤原さんの演技がヘタと言ってるが
お前にはできるのか?
人が一生懸命にやってるのに馬鹿にするとか
ほんと厨房以下ですね

映画を見て楽しかったと思ってる人にはかなり失礼ですよ?

2006.11.10 14:12 URL | てててて #- [ 編集 ]

返答しろよ
それだけ偉そうに言ってるんだからよ

2006.11.12 23:31 URL | てててて #- [ 編集 ]

そうですね、僕にできるのかどうかと言われるとわかりませんね。
僕が見て感じた感想を書いたまでだったのですが、藤原さんも藤原さんなりに努力してくれた結果であることもまた事実であると思います。
それを馬鹿にしてしまったのは申し訳ないことと思います。
そしてこの記事で不快な思いをしてしまった人がいたらこの場で謝りたいと思います。
申し訳ありませんでした。
今後は気をつけたいと思います。

2006.11.13 14:23 URL | 熊さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kaedenokuma.blog74.fc2.com/tb.php/18-936c88ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。